TAANPO法人 繊維技術活性化協会

NPO Textile Technology Activation Association

NPO法人 繊維技術活性化協会(TAA)について

ホーム > TAAについて

理事長挨拶

###

夢を叶え、夢を作り、夢を育てる繊維技術を目指して

この度、私は『非営利活動法人(NPO)繊維技術活性化協会』の理事長を務めることになりました。理事長着任にあたりご挨拶申し上げます。

衣料用用途として発展してきた繊維材料は、今では、その細くて長く、柔軟で強靭な性質を利用し、あらゆる産業になくてはならない重要な材料を提供する時代となりました。建築・土木、飛行機・自動車、メディカル、スポーツ、情報、宇宙・海洋開発など幅広い分野で活用され、どの分野においてもその使用量は年々増加を続けています。繊維はこれからの世の中にも“夢”を提供する重要な材料であります。

一方、機能性の高い繊維製品を製造するには色々な原料・材料が必要であり、また、その製造プロセスも非常に重要です。モノづくりが進むほど地球温暖化が進み、環境破壊も心配になります。繊維産業の中でも染色・加工業は長年ローテク産業の代表と言われ、革新が進んでいません。エネルギー使用量を極力抑え、安全に、さらに環境への負荷を最小限に抑えるべく取り組むことが必要です。

我々のNPOでは「繊維技術の高度化」、「低環境負荷」、「省エネルギー化」をキーワードに繊維技術の活性化を進めることを目的としています。

IT化、AI化、さらにはIoTやビッグデータの時代を迎え、繊維産業も大きな変革期を迎えています。水を使わない染色・加工技術、次々と要求される高耐久性機能加工はもちろんのこと、これらの技術の自動化・無人化も進めねばなりません。また、より賢い機能を有するスマートテキスタイルの展開も急務であります。

本NPOでは、①非水系染色として期待されている超臨界流体を用いた染色・加工、②電子線を用いる繊維の機能加工、③環境浄化用繊維の調製、④スマートテキスタイルの開発の4本柱を核に、講演会と講習会開催により、これまでに積み上げてきたこれらの技術の幅広い普及を行います。また、繊維に関わる全分野について新技術の情報収集と発信を行うとともに、以上の4分野については大型プロジェクトの申請もあわせて行ってまいります。これらの事業の実施に当たっては、大学、公設機関、学会、関連団体と連携しながら進めてまいります。

本NPO法人の趣旨にご賛同いただき、一緒にこれらの繊維関連技術の習得と技術普及にご賛同いただける方々の参加を心より期待しております。

堀 照夫

組織概要

名称
特定非営利活動(NPO)法人 繊維技術活性化協会
創立
平成30年6月1日
理事長
堀 照夫
会員登録数
賛助会員    20社
正会員(個人) 28名
   (団体) 45社

令和3年5月21日現在

所在地
事務局 福井県福井市文京三丁目9番1号 福井大学 産学官連携本部内

Google map

問い合わせ先
TEL・FAX : 0776-27-8641
E-mail   : mail

役員・スタッフ

理事長
堀  照夫  (福井大学 産学官連携本部・客員教授)
副理事長
保城 秀樹  (株式会社クラレ 繊維カンパニー長補佐)
松木 伸太郎 (サカイオーベックス株式会社・代表取締役社長)
理事
水嚢 満   (株式会社米澤物産)
奥林 里子  (京都工芸繊維大学 繊維学系・教授)
末  信一朗 (福井大学 理事・副学長)
福山 厚子 
宮﨑 孝司   
大家 一幸  (タイガー興業)
監事
米沢  晋  (福井大学 産学官連携本部長・教授)

賛助会員

正会員(団体)

※掲載をご承諾いただいた会員様のみご紹介させていただいております。

令和3年5月21日現在